美味しい水出しコーヒー作りは、豆選びから。 - 水出しコーヒーの美味しい入れ方

美味しい水出しコーヒー作りは、豆選びから。

夏になったら、やはり、水出しコーヒーを思い出しますよね。

そこで、また、このブログに美味しい水出しコーヒーの作り方を公開していく事にしました。

それで、今回は、

どんなコーヒー豆が水出しコーヒーに適切なのかを

研究してみようと思います。


やはり、コーヒーは生豆選びが重要ですから、

これなしには、次に進めませんね。


さて、おおざっぱに言えば、

アイスコーヒー用の豆は、

1.苦味が強い
2.こくがある
3.酸味が少ない

と、このような豆になってくると思います。

どんなコーヒー豆でも、深入りしたら、

苦味が強調されて、酸味が少なくなるので、まずは、焙煎の度合いから、

研究してみたいと思います。

焙煎の度合いには、

1度 ライトロースト
2度 シナモンロースト
3度 ミディアムロースト
4度 ハイロースト
5度 シティロースト
6度 フルシティロースト
7度 フレンチロースト
8度 イタリアンロースト


の8段階になっています。

この中で水出しコーヒーに向いているロールトのレベルは、

6、7,のフルシティー、フレンチのローストレベルと言われています。

5以下のローストレベルでは、

水出しコーヒーとしては、酸味が強調されてしまうので、

向いていないようです。

しかし、結局は、その人の味覚で美味しいと感ずればいいのですから、

いろいろなレベルのローストを試してみたらいいと思います。




私が使っている焙煎機は上の機械ですが、

レベルをセットして、ボタンを1つオスだけで自動で焙煎をしてくれる優れものです。

このロースターは、コーヒー店でも実際使っているところも少なくありません。

この機械は12段階に分けてロースト(焙煎)出来ます。

私は水出しコーヒーの場合は一番深入りの12段階を使ってローストしています。

結構いい味になりますよ。


さて、本題の水出しコーヒーに適したコーヒー豆はといいますと、

続くをクリックして、見てくださいね。








さて、いよいよ、水出しコーヒーに適したコーヒー豆ですが、

やはり、酸味が控えめで、苦味の強いマンデリンがいいのではないでしょうか?

これは、私の意見ですが、マンデリンは本当に美味しいと個人的に思っています。

しかし、人それぞれですから、

焙煎を5のレベル以上にしたら、ほとんどの豆は、

酸味が薄れ、苦味が強調されるので、

どの豆をローストしても似たようなものかもしれませんね。

でも、私はマンデリンにしばらくは執着して、

水出しコーヒーを作っていきたいと思っています。


上のこのマンデリンは深入りなので、水出しコーヒーには、

ちょうどいいと思われます。


自家焙煎するなら、

下の生豆などはいかがでしょうか?



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。