水出しコーヒーの起源 - 水出しコーヒーの美味しい入れ方

水出しコーヒーの起源

さあ、長い冬も終わり、春がやって来ましたね。

最近では、夏を思わせるような天気もしばしば出てきました。

そんな時は、やはり、水出しコーヒーが最高ですね。


そこで、今日は、原点に返って、

水出しコーヒーのオリジンを研究していきたいと思います。


水出しコーヒーは別名、

ダッチ・コーヒー (Dutch Coffee) とも言われており、

オランダ人がインドネシアで考案したために、

その様に呼ばれています。


 戦前の時にオランダ領であったインドネシアでは、

主に、苦味やえぐ味の強いロブスタ種(「種と栽培品種」を参照)のコーヒーが

栽培されていたために、水による抽出法が考案されたと言われています。

 ダッチコーヒーは、カフェイン等の刺激成分が少なく飲み口が良いが、

深いコクがあり、酸化もしにくい(冷蔵庫での保存がきく)というような特徴をもっている。

 水をコーヒー粉に点滴するガラス器具も市販されていますが、

ガラスポットに粉と水を入れて冷蔵庫に一晩おいて濾過するという簡単な抽出方法もある。

なお、コーヒー豆はフルシティロースト(「焙煎」を参照)以上の深煎りで無いと、

酸味ばかりで旨味の無いコーヒーになってしまうので注意が必要ですね。




● 手軽に、スピーディーに、水出しコーヒーを提供することが出来るようになりました。
5リットルの水を約30分で抽出、抽出速度時間はワンタッチで調整出来ます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。